腰痛の原因②「睡眠不足」

腰痛になる原因シリーズ・第2弾です。

前回同様、参考程度にして頂き、今後どうしていく事が大事かという事にフォーカスを置いて見てくださいね!

 

腰痛の原因②「睡眠不足」

腰痛と睡眠不足は意外と深い関係をもっています。
皆さんも睡眠不足だった際に腰や肩が痛かった・硬かった記憶はないでしょうか?

慢性的な睡眠不足な方はもちろんですが、たまに睡眠が短くなるだけでも腰が痛くなる事はあると思います。

これ実は第1弾でお話した「筋肉の疲労」に繋がります。

 

睡眠不足によって筋肉が疲労する(休めていない)

 

事もあるのです。

年齢によって推奨される睡眠時間は違うと言われていますが、一般的にこのブログを見るような30〜60代ぐらいであれば7時間ほどの睡眠が推奨の平均かもしれませんね。

しかし睡眠は実は「量」より「質」が重要なのです。

 

「睡眠」の質の上げ方

まず本当に睡眠時間が短い方はよく眠るようにして下さい。
それがまず第一優先です。

その上で質をあげていくには、やはりさとう式リンパケアのセルフケアが非常に有効です。

セルフケアは

 

・朝起きた直後の布団の上で緩める
・寝る前にリラックスするように緩める

 

が基本的にオススメですが、睡眠の質を上げるには特に夜寝る前に行う時間を必ず確保して下さい。
一生懸命やってしまうと身体が興奮して起きてしまうので、ゆったりやれるものを少しやれれば十分だと思います。

僕自身の体感ですと、セルフケアを行うようになって明らかに睡眠の質が上がりました。
以前の睡眠時間より1〜2時間ほど時間が短くても 同じようにすっきり起きれるようになりました。

施術を行っていても睡眠不足のクライアントさんは非常に緩みにくいです。
ケアも睡眠もとても大事ですので、これから意識をしてみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。