ぎっくり腰

ぎっくり腰は「魔女の一撃」などとも言われるように、いきなりその痛みが襲ってきてきては動けなくなるといった症状があります。

具体的には、ぎっくり腰とは腰部の捻挫もしくは肉離れの状態です。
(捻挫は、靭帯の損傷、肉離れは筋肉の損傷)

つまり、痛みを発していた部位の筋肉や靭帯などの組織は「損傷された状態」なのです。

当店の施術により、その損傷された部位が修復する訳ではありません。

施術により損傷部位にかかる負担が軽減された結果、苦痛が軽減され、動作がしやすくなりますが、組織の損傷の修復という本当の意味での治癒にはある程度の時間が必要になります。

基本的には安静にしている事が条件です。通常は一週間もすれば治る事が多いです。
しかし状態によって痛みが続く場合もありますので注意が必要です。

腰椎椎間板ヘルニアを発症した際も「ぎっくり腰かな?」と初めは感じる事もあるようです。痛みや痺れ・麻痺等が続いたり、異様に痛みを感じるような事があれば、医療機関などにも一度ご相談をする事をお勧め致します。

ぎっくり腰の予防

ぎっくり腰が癖になって毎年なってしまう・・・
なりやすい体質だからしょうがない・・・
どうしてぎっくり腰になってしまうのかわからない・・・

こんな事を思った事ありませんか?

ぎっくり腰を予防する事は充分に可能です。

このぎっくり腰(腰痛全般)予防のセルフケア・普段の身体の使い方などは「セルフケア講座」等でお伝えしています。

ぎっくり腰・施術の変化(動画)