私の開業した理由

自動車のディーラーマン時代

 

私は大学を卒業後、社会人としてトヨタの自動車ディーラーへと就職。
車好きだった私は憧れだった車に乗り、そしてそれらの新車を販売する事にやりがいを感じていました。

その一方で営業という職種の大変さも感じていました。
気づけば周りの壁はノルマ・ノルマ・ノルマ!

数字だらけの壁を見て「あれ?俺はこういう仕事をしたかったのだろうか?」と思うように。

もしかすると、もっとダイレクトに

「人の為に何かできるようになりたい」

と、漠然と思うように。
また、営業職でしたので何か手に職をつけたい とも思っていました。

 

転職・そして整体の道へ・・・

 

そんなある日、整体師になった友人をきっかけにこの世界にとても興味を持ちました。

「整体師になれば小規模ながら独立もできる。自分次第で稼ぐ事もできる。そしてまさに人の為に何かをしてあげる事ができる!」

そう強く感じ、すぐにこの世界に入る事を決意しました。
初めて整体を受けてから約1週間で入学、そして会社もそのタイミングで退職する事に。

勇気のいる決断でしたが、この時は自分はこの道で成功する!
そんな自信がなぜかあり、比較的即断・即決でした。

初めは無我夢中で練習に明け暮れました。
私の入った整体の学校は「足」を駆使して揉みほぐすという特殊な技術でした。

足で人の身体を揉むっていうのはとても難しい・・・。

学生時代はまだお客さんを揉む事ができない為、練習台としてたくさんの友人を施術させてもらいました。
練習すればするほど足の感覚も磨かれていき、約2年間学校に通い続け、少しずつですが上達していきました。

 

今の手法にしようと思ったきっかけ

 

そして学校を卒業し、現場の整体師としてお客さんをたくさん施術するようになりました。
結果もある程度安定して出るように。

いつも通り勤務していたある日、何度か来て頂いていた60代の女性の方が来店。

その日はなぜか私の足の調子が悪く、あまり強さが出せずによわ~く揉んでしまいました。なんとか満足して頂き、帰っていったのですが・・・その後しばらく経ってもその方は来ませんでした。

「やっぱり微妙だったのか・・・。」

そう思っていました。
そうとしか考えられなかったからです。

前回から3か月後、突如その方は来店されました。

「ちょっと気まずいな・・・伊藤さん以外で!とか言われないかな・・・」
そう思っていたら、その方がポソッと一言喋りました。

「ここでやってもらうとしばらく楽なのよ。」

正直ビックリしました。
そうです。前回絶妙によわ~く揉んだ事でその方は調子が良かったのです!

当時の自分の気持ち。

「今の技術では限界がある。本当に身体の不調がある人を俺は何人楽にできただろうか?俺はリラクゼーションスタッフになりたかったのだろうか?今までやってきた事は本当に合ってるのか?」

と疑問に感じていました。
そんな自分の中の感情もあり、この出来事をきっかけに身体の真実について調べる事を始めました。

 

身体についての研究

 

グループを離れるまでの約1年半、今まで覚えてきた足で揉む整体を続けながら、休みを返上してでも身体の勉強や他の技術の勉強に明け暮れていました。

研究し始めてまずわかったのは、揉むとしても弱く揉む方が身体に対する負担を最小限に抑え、自ら回復する力(自然治癒力)を引き出すことができるのでは・・・という事。

でも「むしろ弱く揉むぐらいなら揉まなくてもいいのでは・・・?」という疑問にぶち当たりました。

引き続き調べていくと、揉まない・押さない等の「無痛系」と呼ばれる手法が世の中にはたくさんある事がわかってきました。

今まで揉む事でしか楽にできないのでは?という思い込みがあった私にはすぐにはピンと来ませんでした。
そんな魔法のような療法がある訳がない・・・。

 

 

衝撃的な出会い

 

そんな私の今までの考えを一気に吹き飛ばしてしまった出来事がありました。
とある「ゴッドハンド」と呼ばれる方がいる整体院に行った時の事です。

完全無痛の施術法で本当に優しく触れたり揺らしたりされてるだけ。
「こんな事でよくなる訳がない・・・」内心そう思っていましたが、施術を終わって立ち上がった瞬間に・・・

「なんだこの身体の軽さは!!」

衝撃的な感覚。
「あ、そういえば昔はこれぐらい身体軽かった!」と思い出すような感覚でした。

「揉まなくてもこんなに身体は改善できる方法があるんだ」と身体で実感する事ができました。
その時はまだ分からなかった事ですが、そこから更に研究を重ねて「揉まない方が身体は改善されるんだ」という確信になっていきました。

じゃあ今の技術は真逆の事をやっている??そんな矛盾を感じながら更に研究を続けることに。

 

さとう式リンパケアとの出会い

 

無痛系の療法を研究・勉強していく中で、自然とこの施術法に出会いました。この施術法が他の整体やマッサージと根本的に違うところは、元々セルフケアから生まれた技術、そして理論に基づく技術だという事です。

(さとう式リンパケアについて→さとう式リンパケアとは

私はネットでさとう式リンパケアのHPやyoutubeにUPされてる動画、佐藤先生の著書等を見させて頂き、まずは自分でセルフケアを初めてみました。

するとどうでしょう。

本当に数秒で身体が楽になるではありませんか!

こんな簡単な事をなぜ今まで気付かなかったのだろうと、自分が恥ずかしいぐらいに思いました。
厳密に言えばやり方によって変化が出にくかったり物凄く出たりするのですが、ほとんどの方が誰でも結果が出せる素晴らしいものでした。

それだけではありません。
この技術の特徴として続ける事でどんどん身体が上向きになっていくんです。

私自身約2か月間、簡単なセルフケアを続けた結果・・・
腰椎ヘルニア気味で腰痛がひどくなると足の痺れが出ていた症状がほぼ無くなり、肩こりや全身の疲れもかなり楽になっていきました。

また、疲労が出たとしても簡単なケアで楽になる事ができました。
俺が目指していた理想のケアはこれだ!と確信したのです。

 

もっとたくさんの人に知ってもらいたい

 

そして私はこのさとう式リンパケアに出会う事で

「この技術をもっとマスターしてたくさんの方を楽にさせてあげたい!」

と思い、施術側として・セルフケアとして更にこの技術の勉強をするようになりました。

今では元々習っていた足で揉みほぐす技術から100%変え、さとう式リンパケア・筋ゆる(MRT)を中心とした無痛の施術に。

約6年も続けた技術をやめて、新たな技術でいく事はとても勇気がいる事。
でも、すべては不調のある方を根本的に楽にさせてあげたい一心でこの決断を致しました。

ぜひあなたの不調を教えて下さい。
一緒に改善していきましょう。

体が緩めば心も緩みます。
心が緩めば「人生」が変わります。

それがいとう整体のコンセプトです!

長文、お付き合いありがとうございました。